休業しないパチンコ店名公表について思うこと

どうも黒ニットです。今回はいま話題になっている休業をしないパチンコ店名の公表について少しだけ。

https://yugi-nippon.com/pachinko-news/post-34698/

ことの始まりはこの記事にあるとおりです。

その流れで大阪府が今回、今現在も営業を続ける6店舗の店名を公表しました。

https://www.google.com/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20200424/amp/k10012403311000.html

この営業を続けるパチンコ店の公表は、正直言って問題があると思います。

行政はこの公表で何がしたいのでしょうか。表向きには、公表した店舗には行かないように、という注意喚起なのかもしれませんが、普通に考えると公表することによって行政が期待しているのは一般市民による電話抗議などを含めた営業妨害、またはパチンコ店を悪ものにしたい、としか考えられないです

これは行政が私刑を推奨しているようなものではないでしょうか。これではあまりにも無責任だと思います。

正直パチンコ屋が休業すべき、というのは正論としか言えませんし、周りが休業している中堂々と営業しているのも問題はあると思いますが、今回のやり方はほとんど脅迫と言っていいレベルです。

この休業要請に従わない店の公表はいずれパチンコ店以外にも波及していくと思われますが、最初に世間のイメージの悪いパチンコ店から発表することで、世論を味方にしたいという狙いもあると思います。これもズルいやり方に思えてならないです。

今回のこの件は行政側の無責任さ、ズルさが浮き彫りになっていると思います。パチンコ店に限らずですが、今回のコロナ騒動での休業要請については現状では行政側が一方的に自分のやりたいことを押しつけているように見えます。行政側と事業者側がお互いに納得できる形で進めていって欲しかったです。

なにはともあれ早く事態が収束してくれるといいのですが‥